研究者のタマゴ~心理学や統計学を語るブログ

研究者になってみたい学部生が心理学や統計学、英語などについて語るブログ。twitterもやってるよ!

日大アメフト論争はなぜ火消しできなかったのか?~阪大採点ミス問題との比較、学内コントロールを中心に

こんばんは、ばーどです。

昨日書いたこの記事がありがたいことに多くの方に見て頂けました。

 

husbird.hatenablog.com

 今日は年始に明らかになった阪大の採点ミス問題はなぜ早く火消しができたのか?逆に日大はどこがまずかったのか?を考えてみます。

1.阪大の良かったところ

f:id:husbird:20180523224802j:plain

本来であれば日大よりもはるかに社会的な影響を与えると思われる阪大ですが、結果として誰も辞職させることなく切り抜けることに成功しました。なぜだったのでしょうか?


特に早い段階で理事クラスが謝罪したことで、なぜこの問題が起きたのか?だけに注目させることに成功しました。このことによって、入試作成者が直接顔出しをしなくても「顔を出せ!ずるいぞ」と言われずに済みました。

また一番大きかったのが、少なくとも学外からは「全学一丸となった謝罪、賠償体制」
を速やかに作ったように見せたことです。賠償金の財源を運営交付金や病院収入ではなく、幹部の減給(額自体は少なかったものの)と職員からの寄付金(強制徴収に近かったようですが)にしたことは、外部から評価を集めることに成功しました。

このような体制を整えたことにより、少なくとも職員らが反旗を翻して火に油を注ぐ事態は避けられたのだと思います。(反旗を翻したら、職員が世論から批判にさらされるため)

2.日大の悪かったところ

f:id:husbird:20180523224753j:plain

たくさんありますが、対応が後手後手に回ったことが中心だと多くの人はとらえているようですね。しかし私としては...

日大の内部から反旗を翻されたことがこの騒動を大きくする原因だったように思います。

例えばこの記事。

gendai.ismedia.jp

内田監督が人事権を握っていたこともあり、以前から騒がれていた非常勤職員雇止め問題と合わせてこんな事態にまで発展。普段から職員を大切にしていないと、いざというときに露骨に反旗を翻されることが示されました。

危機の際に反乱を防ぐために、内部を味方につけることが大切だと改めて思います。

さらにOBはこんなツイートを。

 大学を支えてくれるはずの大学OBからもネットで激しく批判。これらはネット上での怒りを激しく喚起する結果となりました。

このように構成員から反旗を翻されたことは予想外だったのではないでしょうか。

さて、この問題、心理学的にも面白いトピックがたくさん含まれるはず。機会があればそれにも触れたいと思います。

日大広報はなぜやらかしたのか?(想像です)

こんばんは、ばーどです。

さきほどしたこのツイートが5000インプレッションも行くということで、かなり伸びております...

 

というわけで、今回日大がなぜやらかしてしまったのかを想像してみたいと思います。
(あくまで想像ですし、職務上書けないところはぼかしています)

 
1.大学の広報のお仕事

実は2つあります。1つ目は攻めの広報。
例えば「こんな研究成果でました!」とか「オープンキャンパスやります!」とかいう人たち。
もう一つは守りの広報です。今回の日大の広報や、加計学園問題でゆれる岡山理科大が「コメントできない」などというもの。


(広報をやりたい!という学生は多いですが、不祥事対応のことも考えてるんですかね就活生は...)

 

この広報する場所が同じ部署の大学もあれば、違う部署の大学もあるようです。どちらにもそれぞれ大変なところはあるようですが、違う部署だとしがらみという形で対立が生まれるそう(他大学の職員曰く)

2.守りの広報は意思統一が大事
言うまでもなく、大学としての公式見解は職員が中心となる広報によって出されます。トランプ氏のようにツイッターで放言するわけではありません。

おそらくですが、大学としての反応が遅いのは「幹部同士の意思疎通が必要」だからです。しかもこの幹部は教員が中心になっており(少なくとも日大の学長は教員出身です)事務方の職員から理事になるルートは限られています。

このように出自が異なる人、しかも比較的プロパーが多い職員と入れ替わりの激しい(日大はそれほどではないでしょうが)教員ですから対立するのは当たり前、意思統一には時間がかかります。

そのため、(公式見解を出すのは学内から反発が大きそうなので)「コメントすることはない」となるというわけです。(失言しないための防衛的施策とも言えます)

3.大学と不祥事対応
今年は大学の不祥事が多いですが、大学によって話題にはなったものの比較的早く火消しできたところと、全国的な批判を浴び入試に響きかねない大学があります。

それについて私はこんなツイートをしました。

 書いてある通り阪大、京大は強く批判されたとはいえ、ミスに気付いた以上速やかな謝罪と阪大は総長自ら直接謝罪、賠償金支払いと比較的速やかに動きました。結果として両大学ともに例年並みの入試倍率の維持に成功しています。

翻って日大は「監督は選手にタックルを強要していない」という立場を繰り返し表明している以上長期化することは避けられません。(その理由については憶測が多いのでコメントは避けます)

4.大学と学生どっちを守るの?
今日のNHKニュースウォッチ9の中で有馬アナウンサーが「学生を守るはずの大学のはずが...」と発言しましたが、職員の立場からすれば、「無理をして一人の学生を守るより、大学全体の名誉、学生を含む構成員全体の利益を守る」のが仕事です。

今回の日大の場合、タックルした選手を守るより、監督を擁護したほうが利益が(法人としての利益が)大きいと判断したのではないでしょうか。
実際にはうまくいっていないようですが....

以前あった誘拐事件を起こした学生に対する千葉大の学位取り消し、論文ねつ造に対する博士号のはく奪、などはその典型と言えます。また大学によっては大学の不利益になる学生を懲戒処分とできるとしていることもあります。

細かいことはどうなのか、私自身も分からないことは多いですが、職員の立場から思ったことを書いてみました。職員の方、意見がある方はコメントを頂けると嬉しいです。

 

 

発達障害者はなぜ免許がとれないのか?~②免許を取得するためにすべきこと(事前準備、教習編)

こんばんは、ばーどです。

 

前回の記事(詳しくはこちら!↓)では発達障害者が運転に向いていない理由を心理学的に考えてみました。今回は「わかっちゃいるけど免許が必要なんだ!」という方に「じゃあ何をすべきか」ということを考えてみます。(私自身は「就活時に免許がないのはヤバいだろう」という理由で取得を目指しました)

 

1.医師と相談しよう

前回の記事でも書いたように、発達障害そのものは免許の欠格事由(法的に運転免許が取れない理由)にはなりません。しかし、障害の特性上適性に問題があることは事実ですので必ず相談しましょう(診断が下りていない方は、診断が下りてから免許取得することを勧めます)。

f:id:husbird:20180127140350p:plain

その中で聞いて欲しいのは、a.免許を取れる見込みはあるのか。b.取得に際して何に気を付けるべきか。ということです。

 

2.合宿は止めておけ

私は通学の教習所でしたが、合宿免許を選択せず本当に良かったと思っています。理由はたくさんありますが、2つ書いてみますね。

①そんなに割安ではない

費用が安く済むこと、が最大のメリットですがそれは「最短(延泊なし)で卒業できた場合の話」です。合宿免許で延泊になってしまった場合、教習費+延泊料金が課せられます。そうすると日数が増えるにつれて安いというメリットは少なくなっていきます。

②不要なストレスがたまる

合宿となのっている以上、「みんなで宿する」わけです。当然のことながら教習期間中に人間関係が生まれます。初めて会う人(時期によってはオラオラ系の人がいることも)や環境に強いストレスを感じがちな傾向がある発達障害者には不向きです。

③延泊になって帰れなかった場合、その後のスケジュールに響く

特にすでに働いている方やアルバイトをしている人の場合、「2週間も休む」ことは勤務先にかなりの負荷を強いることになります。それなのに帰れずに休みの日が増えれば職場の人から「早く帰ってこい」と怒られるのは必至です。

3.安心パックで費用を確定させる

教習中になかなか教習が進まなくて(特に検定が受からなくて)ストレスを感じがち。私の場合そのストレスは「いつ免許が取れるかなあ...」と「教習料金がどんどん増えていく」ことでした。

 

私の教習所では3万円分(教習6回)までは通常プランの方が安心プラン(教習の追加が無料)よりも安かったので、「6回分も追加することはないやろ」と通常プランを選択。しかし実際には修了検定2回、卒検4回不合格になったため、8万円追加で払う羽目に...

 

教習所に入る時点で発達障害だとわかっていれば、安心パックにしたでしょう。(だから診断は受けるべきなのです)

経済的な負担が決まっていれば、教習期限のことだけを考えて教習ができます。

 

4.学科の勉強は前倒しで進めておく

私のようにお勉強は得意な方はまだしも、そうでない方は学科試験もハードルになります。現実として学科は一夜漬けで受かるほど甘いものではないです。

仮免、卒検前の検定にせよ、数日間の勉強は必要だと思います。これを後回しにして試験を受けるのが遅くなると、技能検定の日も遅くなり運転の感覚がなくなる...そうすると卒検でも落ちまくるという悪循環になります。←私の体験です。

 

試験の日程を教習所が決めてくれればそれに合わせて勉強できる...という方も多いと思います。その点では通いのスケジュールコース(教習所に入る段階で、●日に教習を行う、仮免の学科試験は●日、卒検は●日...といつ受けるかを全て決める)は見通しを持ちにくいADHDにはオススメできます。

 

これらのことに気を付ければ免許はたぶんとれる、少なくとも無駄なお金をかけた挙句免許を取れず途中退校という憂き目は避けることができるはず!

 

3回目の次回は、免許を取得するためにすべきこと(仮免のみきわめ、卒検編)として書いてみたいと思います。

発達障害者はなぜ免許がとれないのか?~①心理学的な理由

こんにちは、ばーどです。

10か月間(教習は終わっていたのですが卒検に受からなかった)修了検定1回、卒検に4回落ちながらも無事に(?)教習所を卒業できました!←長い

 

一方でADHD,ASD当事者でもある私は運転への適性のなさを何度も痛感させられることにもなりました。(辛い)

というわけでこれから何回か「発達障害普通自動車免許」の関係について書いていきたいと思います。

 

第1回の今日は「発達障害者が運転に苦労する心理学的な理由」を書いていきます。
(ADHDASDに絞って書いていきます。)

 

1.かつて精神障害者は免許が取得できなかった

まずはこの資料を見てください。

https://www.npa.go.jp/koutsuu/menkyo4/siryo.pdf(第1回 一定の病気等に係る運転免許制度の在り方に関する有識者検討会資料,警察庁 )

道路交通法第88条(1960年当時)

(欠格事由) 第88条 次の各号のいずれかに該当する者に対しては、免許を与えない。 一 (略) 二 精神病者、精神薄弱者てんかん病者、目が見えない者、耳が聞こえない者又は口がき けない者 三~五 (略) 2 (略)

(太字は筆者による)

見てわかる通り、精神障害者の免許取得は禁止されていました。現在発達障害者が取得する障害者手帳療育手帳(知的障害のもの)または精神障害者保険福祉手帳となっていることからも、当時発達障害者の免許取得は極めて難しかったことが想像できます。

 

なおこの規定は2002年の法改正で以下のように改正されました。

道路交通法第90条(2002年時点) 

ただし、次の各号のいずれかに該当する者については、 政令で定める基準に従い、免許(略)を与えず、又は 六月を超えない範囲内において免許を保留することができる。 一 次に掲げる病気にかかつている者 イ 幻覚の症状を伴う精神病であつて政令で定めるもの ロ 発作により意識障害又は運動障害をもたらす病気であつて政令で定めるもの ハ イ又はロに掲げるもののほか、自動車等の安全な運転に支障を及ぼすおそれがある病気として政令で 定めるもの 

(略、太字は筆者による)

 要するに、幻覚を伴わなければ精神障害者でも問題なく免許が取得できるように制度上は変更されました。

しかしこの変更を経た今でも、障害者が車を運転する、ということに社会から厳しい目が向けられているように感じます。

2.ADHD,ASD当事者が苦手な状況がいっぱい!
教習中に運転していて感じましたが、ADHD,ASD当事者にとっては、これほどか!というほど苦手なことのオンパレード!マルチタスクだから無理、というのは簡単ですが、いくつか例をあげてみました。

①ルールを守らない車がなんと多いことか!

私はそれほどこだわりが多い人ではないのですが、例えば一方通行の道を逆走する、直進左折優先のルールを守らず無理に右折しようとする...ルールに従うことへのこだわりが強い人が多いASDの場合、著しいストレスがたまるでしょう。

 

②状況が一瞬で変わる

私が一番苦しめられたのがこれ。右車線への車線変更をしたいときにすべきこととして、「ルームミラー→方向指示器→サイドミラー→目視」と教本には書かれています。しかし実際の道路状況では「安全確認をして車線変更をしようとしたら後ろから車が突っ込んできた!」(つまり確認中に状況が変わった)ということが何度もありました。

 

私に言わせれば、「確認をした後予想外の車に対応するなんて無理!後続車〇ね!」という感じ。

③注意を妨害するもの(心理学的にはディストラクター)のオンパレード!

教習の場合は事故を起こさず教習所に戻ってくることが目的ですが、実際の運転では「目的地に向かうこと」が目的です。(当たり前)そうすると目的地まであとどれくらいかを把握したりするために、少し視線を外したりする必要があります。その典型例がこれ。

f:id:husbird:20180519224713j:plain

例えば高知城に行きたいとすれば、「斜め右に曲がればいいんだなあ」と思うのが普通の人。しかし私の場合「高知城は斜め右、あ!斜め左の桂浜は坂本龍馬像があるところだ!坂本龍馬と言えば...あー!(ガッシャ―ン)」←さすがにガッシャ―ンはウソですが、こんな感じで注意が別の方向に向いてしまい高速教習で教官にハンドルを取られたのは事実です...

 

そんなこんなで発達障害者に運転は向かないなあ...というのが当事者かつ研究をする学生としての意見です。

 

次回は「そんなこと言っても免許とらなきゃいけないんだよ!」という人が実際に免許を取るときに気を付けるべきことを考えてみます。

 

研究を楽しむために!学部生目線の回答

こんばんは、ばーどです。

GWも終わり授業に行きたくなったりしなかったりしています...

 

数日前にある高校生の方からこんな質問を頂きました。

私の高校では、生徒たちが自らの自由な発想で研究をする授業があります。最近テーマ決めをすることになったのですが、なかなか決められません。

 

また、実験や研究の結果、当たり前の結果しか出なかったらどうしようと不安になってしまいます。

 

〇〇さんは卒論や研究などで気を付けていることはありますか、あったら教えてください。

若干書き替えたりはしていますが趣旨はこんな感じ。

私は自分への戒めも込めて回答を書いてみました。今回の記事はその回答です

 

〇〇さんも高校時代の私と同じ心配してる!と思いましたが、「そんなに心配しなくても大丈夫」と教えてあげたくなりました。大学で研究をしていくための準備だと思って、楽しみながら(成果は求めず)やってもらえると嬉しいです。

.

まずは心構えから!
1.当たり前のことを証明するのも非常に大事(だと考えよう)
私は現在民間の研究所で研究インターンをしていますが、そこでは「体感的には当たり前だと思われてることが、実際のデータでもそうなのかを確かめる」ことをしています。

 

そんな感じで、当たり前のことが正しいと証明すること自体が、実は結構な研究成果だったりします。(だから追試は大事なんです!)

 

2.成果は気にしない
少なくても大学学部生の卒業研究(個別で学会発表を目指す場合は別)までは成果は問われません。→つまり論文を書く行為そのものが重要ということ
結果がクソ!みたいなものになってしまっても、最低限の考察などの体裁が整っていれば受理されます。

 

なので「成果を出さねば!」と焦らないのが(学部生や高校生には)大事。
そうすることで落ち着いて研究が出来て思わぬ成果が見られることもあります。

 

私の研究所の上司も、「実験と研究は失敗が当たり前」とおっしゃっているので安心して!

 

筆者注.

この上司はこの記事にも出てきます。良ければ見てみてください。

 

husbird.hatenablog.com

 

具体的にすることとしては、これから書く3つのことが大事だと思います。

3.基礎知識を身につける
大学生であれば、「先行研究を読もう」となりますが、高校生であれば「教科書やその分野の基本的な解説書を読もう」ということ

 

基礎知識があることで、あの研究とこの研究ではこの部分が足りない!と思えるようになるはず。

 

4.実験ノートを残す

先生から言われているかもしれませんが、実験ノートを残しましょう。
これは研究不正から身を守るために役立つ...のもそうですが、研究の振り返りをして実験の考察をする際に使えます。

実験のノートにはデータ、研究で読んだ先行研究、研究の着想のきっかけなど全てを書き込んでいきましょう。

 

5.結果と考察は分けて書く
研究所の上司から非常にうるさく言われていることです。
結果(得られたデータは何か)と考察(データからどのような解釈が出来るか)は必ず別にしましょう。

 

回答は以上ですが、最後に一つだけ。私の尊敬する研究者の方が書いていたことを紹介して終わりにします。

「科学は苦しいもの、という思い込みは捨ててください。そして科学に誠実でいてください」

研究の一歩を踏み出した〇〇さんのお役に立てたなら嬉しく思います。

 

こんな感じの回答を書いていました。私も肝に銘じて頑張らなければ...

 

なぜ文系院卒は就職できないのか?

こんにちは、ばーどです。
連休ですね...阪大ではいちょう祭というイベントが行われています。(私は特に関わっていませんが)

先日ネットサーフィンをしていたところ、こんな記事を見つけました。

1. 文系院生の就職の現状 - 大学院生(修士/博士)ポスドクの就職・転職情報サイト「アカリクWEB」

 

内容を簡単に言えば、理系であれば大学院(特に修士)卒でも普通に就職できるけど、文系の場合、就職も進学もできない人が博士なら5割以上いるよ。というもの。

頭では理解しているものの、実際にデータを見せられると辛いもの。進学をやめようかな...とも思ったり。

 

husbird.hatenablog.com

 

私自身は学部生ですが、なぜこんなことになるのか。普段は文系の研究所でインターンをしている経験から書いてみました。(細かいことは今は書けませんが、上司の半分くらいが博士号を持つ、かなり研究色が強い民間の研究所です)

 

1.専門が仕事で生かしにくいように思われる

少なくてもプログラミングや実験技術など理系であれば当たり前に持つものを持たないのが文系(心理学はそうでもないですが)。そのため、学部生と同じ能力のある高齢者を雇うことはしないというもの。

 

2.専門外の人とのコミュニケーションができない

これは理系、文系の人どちらにも言えるのですが、大学院生、研究者は専門用語をたくさん使います。専門用語を使ったほうが誤解が生じないからですね。

専門用語がわかる研究者と院生の間では。

 

ただし専門外の方には専門用語はわからないわけで...理系の場合は産学連携などで他分野の技術者と話すことが比較的多くあるので、多少は専門外の人にもわかるように説明するようになります。しかし文系の場合、専門が同じ人だけで研究が完結しやすいように思います。こうすると就活の場面で研究について言われても、面接官は「?」となりがち。

 

このことを改めて感じることがインターン中にありました。

私「ここは因子分析を用います。推定法は最尤法で回転は無相関が仮定できないのでプロマックスで...」

 

ボス「因子分析の細かい説明をされてもお客さんはわからないから、そこは「分析の結果」でまとめるよ。」

 

このとき、専門外の人にもわかるように説明するのが企業での研究なんだな...と感じました。学会論文ではなんの前提もなくプロマックス回転してきますし...

改めて専門が違う人にどう説明するか?を考え、実行していきたいです。そのためにもこのブログを書いていきたいです!

悩ましき大学院説明会

お久しぶりです。ばーどです。

私自身大学3年生になりました。就職か進学か、就職ならば公務員を受けるのか、進学ならば内部進学か、外部を受けるのか...そろそろ決めなくてはなりません。

私が高校生の頃は就活の開始も遅かったですし、夏休みのインターン外資系を除きほぼ皆無でした。それがたった数年で「インターンは就活の選考」という考えは関西でも一定レベルの大学ではほぼ常識になる...非常に驚いています。

 

阪大に入学した時点では、博士まで進む!と決め込んでいましたが、職場で活躍する修士、博士号保持者の話や、悩みながらも高級官僚に採用に挑んだ先輩、中堅校からその分野ではトップクラスの外部の研究室に進んだ先輩...の話を聞くにつれて就職もありかなあ...と考え始めています。

そろそろ進路を決めないといけないけど、就活関連のイベントは夏休みまでほぼないし、院試の説明会は来年の4月、おそらくそのころはかなり忙しいでしょうなあと思い、京大大学院の説明会に行ってきました。

学生を見ているとほとんどが4年生で3年生が若干名というところ。比率で言えば5対1位でしょうか。

 

このサイトを見てくれている高校生の方ならば大学の説明会には行ったことがあるはず、しかし大学院の説明会とは?ということでまとめてみました。

大学の説明会orオープンキャンパス

・大学の教育、就職について「説明係の職員or教員」から説明がある

・基本的には学生とお話をして、大学のムードを探る

・夏休みに行われるのが通常、特に私大では全学的なイベントとなる

 

大学院の説明会

・大学院での研究内容について、教授と「相談」する

・学生とお話しすることは基本的にはない(NAISTのように例外アリ)

・基本的に4月から5月の土日に行われる、学部(研究科)ごとに日程はバラバラ

 

教授に「相談」するということは〇〇学について興味があるんですよねえ...と言うだけではなく、具体的にどのようなアプローチでどんな研究をしたいのか、卒業後は博士課程か就職か?などある程度具体的な計画が求められます。(私はまだ3年生なので、まだ1年あるからある程度テーマが絞り切れてなくても仕方ないよね...とは言ってくれましたが)

総合職採用でどんな仕事をするかは会社次第、という企業とは逆に非常に高い自主性が求められるように感じました。

 

相手をしてくれた教授にやりたい内容を伝えたところ、「その研究ならば〇〇研究科の方があっていると思う」と言われてしまったので多分受けないような気がしますが...自分の希望内容が決まってくるかもしれませんね。

 

大学受験で思うような成果が出なくて、編入や再受験を考えている皆さんも、大学院の説明会に行って教員と話してみることでヒントが得られるかもしれません。