研究者のタマゴ~心理学や統計学を語るブログ

研究者になってみたい学部生が心理学や統計学、英語などについて語るブログ。twitterもやってるよ!

そもそも人間科学って何よ?

こんにちは、ブログ「楽しもう!人間科学」管理人のばーどです。

今回の記事はこのブログのテーマである人間科学、そもそも人間科学って何が含まれてるの?という観点から記事を書いていきます。

そもそも日本の大学で初めて「人間科学」を使ったのは大阪大学、今から約45年ほど前のことです。

大阪大学 人間科学部 高校生・受験生向けサイト

(公式サイトは堅苦しいのであえてこれにしています)

阪大の場合は行動学、社会学、教育学、共生学の4分類ですが。共生学は昨年できたばかりの新しい学系です。中の人である私もなかなかよくわかりません...

社会学と教育学はそのままですが、行動学って何?と思いますよね...
基本的には臨床心理学以外の心理学ですが、自閉症を扱う人もいれば、集団行動の問題を扱う人、さらには交通事故が起きる原理を研究している人まで...教科書に書かれている心理学はおおむね扱っていると思います。

中には、サルを研究している人まで...(人間との行動の共通点や違いについて研究しているそうです)

f:id:husbird:20171207000910p:plain

 

人間科学というととらえにくいですが、一応国(人事院)も規定してくれています。
人事院が主催する国家公務員総合職試験(かつての国1、いわゆるエリート官僚の採用試験です)には「人間科学区分」というものがあり、そこでは以下の4つを主要分野としています。

心理学(臨床、基礎系含む)、社会学(社会調査含む)、教育学、社会福祉学
の4種類だそうです。