「発表者の倫理」~エビデンス?ねーよそんなもん~

みなさんこんにちは、ばーどです。

数日前にtwitter朝日新聞の記者が「なぜ書くか?エビデンス?ねーよそんなもん」

という発言をし、特に研究者の方々から激しい批判を受けました。

例えば生物系ポスドクのつなぽんさんは以下のように皮肉っています。

 

 しかし社会学におけるメディアの考え方からすれば「まあそうですよね...(エビデンスなくても書けますよね)」となってしまいます。

様々な議論が巻き起こった今回の元の記事はこちら!

www.nikkan-gendai.com

 

まず今回のことを議論する前に考えたいのがポスト事実という概念です。
オックスフォード英語辞典によれば「世論を形成する際に、客観的な事実よりも、むしろ感情や個人的信条へのアピールの方がより影響力があるような状況」だとされています。

最近の例ではイギリスのEU離脱などが例ですよね。


ただ、私の印象では新聞は世論を動かすことが仕事(真実である必要はない)という感じです。というか私達はメディアの報道を真実にしていますから。報道の自由の問題もありますし…


一方研究者は、面白くなくても真実にこだわり続けるべきではないか、そんな風に感じています。


多分追加しますがとりあえずここまで。