研究者のタマゴ~心理学や統計学を語るブログ

研究者になってみたい学部生が心理学や統計学、英語などについて語るブログ。twitterもやってるよ!

ルドルフ2世展@福岡に行ってきたよ!

お久しぶりです。しばらくある事情により更新できていませんでした...その理由はtwitterでほのめかしていますが、近々お知らせします。

 

さて現在東京のBunkamuraで行われているルドルフ2世展ですが、年末まで福岡の福岡市博物館で行われていました。出張で福岡に行った際に訪れたので写真ととも少しだけネタバレ!

公式サイトはこちら!

www.bunkamura.co.jp

 

ざっくりいうとルドルフ2世という16世紀後半の神聖ローマ帝国皇帝が集めた文化的なものを一堂に集めました!という展覧会。父ブリューゲルやボスなどの名前はありますが、超有名人(高校の世界史教科書に載るレベル)のものはありませんでした。

 

それでも政治嫌いの彼が芸術に没頭する理由、アルチンボルドの作品を真似して新しい時代を切り開こうとする画家たちの絵画には不思議な魅力を感じます。

絵画が7割くらいを占めていますが、立体物(陶器とか)も若干ありました。ポスターに使われているアルチンボルドの絵については「絵の中にある果物が何か?」について全て説明があり、素人でもわかりやすい!(花瓶と花の絵画もありましたが、すべての花について説明がありました)

個人的に最も気に入ったのは、ルドルフ2世の春、夏、秋、冬の顔の絵を実際にオブジェにしたものです。やっぱり立体にすると質感が違う!(この展覧会では最後の「四季」のみ撮影可能です)

f:id:husbird:20180109004817j:plain

たぶんアルチンボルドの「夏」です

他にも自分の顔をアルチンボルドによる肖像画で表現する!という「アルチンボルドメーカー」が福岡会場限定でありました。

福岡会場最終日(クリスマスイブ)に行ったところ40代くらいの方が結構多かったです。たぶん若い方も大丈夫なはず...

さてその後常設展で「金印」を見てきました。その画像がこちら。

f:id:husbird:20180109004804j:plain

そこそこ大きいですが現実は...

f:id:husbird:20180109004832j:plain

ライトに照らされて光っている小さいヤツが金印です...ただなかなか面白いですよ(それ以外の言葉が見つからない)

 

ルドルフ2世展は東京の渋谷Bunkamuraで3/11まで開催されています!興味のある方はぜひ!