研究者のタマゴ~心理学や統計学を語るブログ

研究者になってみたい学部生が心理学や統計学、英語などについて語るブログ。twitterもやってるよ!

悩ましき大学院説明会

お久しぶりです。ばーどです。

私自身大学3年生になりました。就職か進学か、就職ならば公務員を受けるのか、進学ならば内部進学か、外部を受けるのか...そろそろ決めなくてはなりません。

私が高校生の頃は就活の開始も遅かったですし、夏休みのインターン外資系を除きほぼ皆無でした。それがたった数年で「インターンは就活の選考」という考えは関西でも一定レベルの大学ではほぼ常識になる...非常に驚いています。

 

阪大に入学した時点では、博士まで進む!と決め込んでいましたが、職場で活躍する修士、博士号保持者の話や、悩みながらも高級官僚に採用に挑んだ先輩、中堅校からその分野ではトップクラスの外部の研究室に進んだ先輩...の話を聞くにつれて就職もありかなあ...と考え始めています。

そろそろ進路を決めないといけないけど、就活関連のイベントは夏休みまでほぼないし、院試の説明会は来年の4月、おそらくそのころはかなり忙しいでしょうなあと思い、京大大学院の説明会に行ってきました。

学生を見ているとほとんどが4年生で3年生が若干名というところ。比率で言えば5対1位でしょうか。

 

このサイトを見てくれている高校生の方ならば大学の説明会には行ったことがあるはず、しかし大学院の説明会とは?ということでまとめてみました。

大学の説明会orオープンキャンパス

・大学の教育、就職について「説明係の職員or教員」から説明がある

・基本的には学生とお話をして、大学のムードを探る

・夏休みに行われるのが通常、特に私大では全学的なイベントとなる

 

大学院の説明会

・大学院での研究内容について、教授と「相談」する

・学生とお話しすることは基本的にはない(NAISTのように例外アリ)

・基本的に4月から5月の土日に行われる、学部(研究科)ごとに日程はバラバラ

 

教授に「相談」するということは〇〇学について興味があるんですよねえ...と言うだけではなく、具体的にどのようなアプローチでどんな研究をしたいのか、卒業後は博士課程か就職か?などある程度具体的な計画が求められます。(私はまだ3年生なので、まだ1年あるからある程度テーマが絞り切れてなくても仕方ないよね...とは言ってくれましたが)

総合職採用でどんな仕事をするかは会社次第、という企業とは逆に非常に高い自主性が求められるように感じました。

 

相手をしてくれた教授にやりたい内容を伝えたところ、「その研究ならば〇〇研究科の方があっていると思う」と言われてしまったので多分受けないような気がしますが...自分の希望内容が決まってくるかもしれませんね。

 

大学受験で思うような成果が出なくて、編入や再受験を考えている皆さんも、大学院の説明会に行って教員と話してみることでヒントが得られるかもしれません。