心理学の活かし方~研究などイロイロ~

心理系学部生が研究や就活のことをまとめてみる

【まとめ】心理学を活かした就活を考える

※本記事はいわゆるまとめ記事で,現在まさに構築中です。興味がある方はコメント等を頂ければ記事の形で回答したいと思います。


こんにちは。 

 

私は幸運にも恵まれ,心理学専攻出身で,来年からUI,UXエンジニアのお仕事をさせて頂くことになりました。

 

子供のころからの目標を実現できたのはいいものの,私自身この仕事の内定を頂くまでにいろいろと苦しみました ...

POINTこの記事は主に心理学を活かして企業に就職したい方向けに,体験者からのアドバイスを行うまとめ記事です

 

入学当初から「心理学を活かした仕事」に就くことしか考えていなかったのですが,心理学を活かした就職って何があるの?というところから始まりました。
いろいろググってみた結果,心理学を活かした仕事には大きく2つあることに気づきます。

  • 公務員心理職
  • 企業(研究開発/人事・教育など)

 

それぞれメリット・デメリットがあると思います。
公務員心理職について知りたい方はこちら。

 

 

ただ今までの経験から臨床は向いてないなあと思い,企業の研究開発を中心に企業探しをすることに。企業の研究開発職における心理学の採用はさらに情報が少なく...

  • そもそも企業の研究開発職で心理学の需要はあるのか?
  • どうやって見つけるのか?

  • 学部生・修士・博士で採用基準は違うのか?

  • 内定を獲得するためには何をすればいいのか?

  • 研究テーマって重要?

 

などなど悩みが尽きなかったです。
この記事ではそんな「心理学専攻の人が企業で研究開発する」ためにすべきこと,できることを皆さんと一緒に考えてみたいと思います。

 

ちなみに,私のスペックはこんな感じ

  • 旧帝 or 早慶クラスの大学学部卒

  • 実験心理学(基礎心理学)専攻

  • 専門はUXデザインをはじめとしたモノの使いやすさに関する研究

  • スキルとしてEEGの使用経験,JINS MEMEの使用経験あり

  • 内定は2社(うち心理学を活かした技術職1社)

  • 学校推薦を活用

  • 業績は国内学会1件のみ(査読なし)

 うーん,微妙なスペックだ...


心理学を活かした就職はコネなどが強い傾向にありますが,少しでも参考になるものが書ければ嬉しく思います。少しずつコンテンツを充実させていく予定ですので,しばらくお待ちください。

 

もちろん,マーケティングリサーチや人材など,可能な範囲で心理学が活かせそうな他のお仕事についても記事が作れればいいと思います。

興味がある方はいつでもご質問頂けますと幸いです。

 

心理学を活かせる企業選び

そもそも「心理学が活かせる企業」って実際の心理学専攻の人が書いた文章は少ないことに気づきました。

実際に私が就活で検討した・応募した企業を基に,どんな企業なら心理学専攻の人を「専門性を評価して」採用してくれるのかを書いてみました。


一見心理学と縁のなさそうなNTTや自動車メーカーなど,意外な選択肢もあります...

推薦・自由応募の選び方

メーカー等では事務系(文理不問)と技術系(主に理系)で採用が別に分かれています。
文系では自由応募(自分が好きな企業に応募)が中心ですが,理系には推薦(大学を経由して企業に応募する)が主流です。

心理学部生でも専門を生かして就職したい!という場合は推薦は外せない選択。
この記事では心理学を学ぶ学部生だった私が推薦応募を使ったメリット・デメリットを解説します。

 

 
文系の人が学校推薦を使った記事って意外とないんですよね。また,最強に見える学校推薦にも実はデメリットがあったりします。

研究室選び

企業さんはそもそも心理学のことを良く知らない...ということもあり心理学ならばどこでも同じ!という側面はありました。

ただ,ヤバい研究室を選んだばかりに研究どころじゃないとか
ヤバい研究室ではないものの自分のやりたいことができない,ということはよくあります。

今回は研究テーマは抜きにして,研究室選びの前に何を知っていればよかったのか?を考えてみます。

テーマ選び

心理学なら誰でもOK!という側面が企業さんとしては強いようです。(修士以下の場合)
一方で研究生活という側面では,研究テーマ選びによって先生や企業からのサポートは大きく変わってきます。

そしてその結果は就活に地味に響いてくるのもまた事実。

この記事では「研究費の出どころ」に焦点を当ててどんなテーマを選ぶのがいいのか?を解説します。

 

面接対策

企業の人は想像以上に「心理学を知らない」もの。
理系や社会科学系の学部以上に「わかりやすく伝えること」など工夫が求められます。

この記事では「わかりやすく/かつ優秀そうに」見せるためにできることを解説しました。